ジム・美容と健康の為の情報サイト

役立つ健康管理から美容に関することまで!なかなか手に入らない情報も満載!ジムの比較までまとめて分かる!

健康意識 食生活

日常に潜むリスクを知ろう~健康生活~

2017/01/05

私たちが日常的に知らず知らずのうちに口にしているものや使っているものが、実は体に悪いものであるというものは沢山ありますよね。

いいものは高いという事実もあり、本当に良いものと分かっていても手が出せないという人も多いかもしれません。

私たちの健康というのは国の管理のもとコントロールされているところもありますが、できるだけ正しい知識を付け自分たちで対処していかなければなりません。

ここでは、日常生活で知っておいた方がいい・気を付けたい「健康管理」をご紹介します。

水道水の塩素
tap-water

水道水は除水上で塩素殺菌されますが、この工程を行う際に発生するトリハロメタン発がん性があると言われています。現在、環境汚染により水質の汚染が進むなか、塩素濃度も高くなっています。同様にトリハロメタンの含有量も増えているということです。

できるだけ浄水器を取り付けたり、煮沸した水を使うようにしましょう。

ですが、だからと言ってペットボトルの水の方が清潔なのか?といったら、実はそういうわけでもありません。ペットボトルのお水よりも水道水のほうがずっと厳しい基準のもとで管理されているのです。もちろん飲料水としての安全性はありますが、実は水道水の方が清潔さは保たれています。もちろん水道管の状況や地域により風味なども変わってきますが、ペットボトルの値段は水道水ほど安くはありませんし、自然環境を考えても、ペットボトルの水を使用するよりも水道水を浄水して使う事が一番良いのではないでしょうか。

マーガリン
margarine

日本国外では、次々と規制されているトランス脂肪酸。マーガリンやパン、ケーキなどに多く含まれています。

トランス脂肪酸は、血液中の悪玉コレステロールを増やし、善玉コレステロールを減らしてしまいます。また、動脈硬化などによる心臓病のリスクを高める可能性があります。

他でよくいわれているような、ガンとの直接的な因果関係は実際にまだ証明されていないそうです。また、他の脂肪と同じように代謝されます。

日本でトランス脂肪酸の規制がされていないのは、国内のトランス脂肪酸の平均摂取量がWHOの推奨する最大摂取量を下回っているためです。なので、お菓子や菓子パンなどを多く食べるなど、偏った食生活をしている人は要注意です。

トランス脂肪酸とは動物性の脂に含まれていますが、少量であるため問題視されていません。

※参照元

 

ジャム

jam

ジャムやお菓子などに含まれる赤色や黄色などの着色料には注意です。

合成着色料は主に、ジャム、お菓子やハム・ソーセージなどに良く使われ、中には発がん性のあるものや、アレルギーの原因となるなど、様々な症状を引き起こす危険性が潜んでいます。

また農薬の残留量が多い果物としていちごやりんごがあげられます。ジャムとして加工する際にも農薬がそのまま混ざっていたりします。

歯磨き粉
toothpaste

マイクロビーズは研磨剤として様々な日用品に使われ、微細なプラスチック粒子でできています。洗顔料やボディーソープ、歯磨き粉に使用されることが多く、特に歯磨き粉で使用されている場合、気づかないうちに飲み込んでいたり、歯茎と歯の隙間などに蓄積されていたりします。

また、下水処理施設からマイクロビーズが海へ流れ込んでしまう事が原因で、海や川を汚染し、更には魚や貝の中に蓄積されてしまうので環境破壊の原因となっています。このようなサイクルから私たちの食にまで影響も及ぼしていると言えます。

~まとめ~

今や2人に1人ががんになると言われている日本ですが、その原因は一体何なのでしょうか?

日本は長寿の国で健康的な国のはずなのに、食品添加物の規制が世界的にみても緩いとされていたりしますが、実際、何が本当の原因なのかというのは言い切ることはできません。

実際にガンが原因の死亡率は増加していますが、それは高齢化社会である今、自然な傾向であるとも言えます。高齢化の影響を除くと、死亡率は減少傾向にありますし、医療機関の発達などのおかげで延命できたり、がんの治療が進歩していることもあげられます。

病気などのリスクは人の生活習慣や精神的な面から蓄積されていき、更には薬の使用状況や医療機関の利用頻度など、リスク要因の可能性を述べ始めたらきりがありません。

maze

私たちの信じる健康とは、私たち自身で管理して初めて健康の基準というものができると思います。

例えば、一日の歩行時間はあまりないけど2日に一回、1時間のジョギングに行く人と、毎日必ず2時間のウォーキングを行っている人と、どちらが健康維持ができているのかなんてわからないのです。

化学が進歩した今、化学調味料をなくして食品を選ぶことは困難ですし、もちろん全てを排除する必要もありません。

このような添加物や有害物質のデトックス方法としては、きちんとした運動のもと、汗をかくのが効果的です。体が持っている本来の機能を上手に維持・活性化させてあげることでデトックスできるのです。

もちろん、日常的に頻繁に使うものはできるだけ質のいいものを選ぶことはとても大切なことです。ですが、私たちにできる一番の健康管理は、自分の生活の中に上手に取り込めるものであるべきだと思います。

-健康意識, 食生活
-,