ジム・美容と健康の為の情報サイト

役立つ健康管理から美容に関することまで!なかなか手に入らない情報も満載!ジムの比較までまとめて分かる!

女性の悩み

MELTY VENUS(メルティヴィーナス)とは?【ムダ毛への効果 / 使い方 / 口コミ】

2018/04/25

MELTY VENUS

「MELTY VENUS(メルティヴィーナス)」は、自宅で使える除毛クリームとして注目されています。

公式サイトにもあるように「塗って洗い流すだけ」「たった60秒で除毛」というのがアピールポイントですが、本当なのでしょうか。

ムダ毛への効果はもちろん、肌荒れなどトラブルの心配がないのか口コミも気になりますよね。早速チェックしていきましょう。

■MELTY VENUS(メルティヴィーナス)の使い方とメリット

簡単・時短で使えるのがMELTY VENUS(メルティヴィーナス)のセールスポイントのひとつです。まずは使い方を見ていきましょう。

○使い方の手順

1・MELTY VENUS(メルティヴィーナス)を手に取ってムダ毛が気になるところに塗る
ムダ毛が隠れるくらいの量のMELTY VENUS(メルティヴィーナス)を使ってください。十分な効果を得るために必ず守りましょう。

2・5分から10分待つ
MELTY VENUS(メルティヴィーナス)を塗り、ムダ毛が溶けるのを待ちます。個々のムダ毛の状態に応じて効果には違いがありますが、最高でも10分以上放置しないようにしてください。

3・MELTY VENUS(メルティヴィーナス)を拭き取ってからシャワーで流す
ティッシュでMELTY VENUS(メルティヴィーナス)を拭き取ると、一緒にムダ毛をそぎ落とせます。ただMELTY VENUS(メルティヴィーナス)を拭き取らずにシャワーで流すと、排水口が詰まってしまうおそれがあるので注意してください。必ずふき取ってから流しましょう。

使い方を見る限り、MELTY VENUS(メルティヴィーナス)はただの除毛クリームと変わりありません。では何が違うのでしょうか。実は他製品にはないメリットがあります。

◯メルティヴィーナスの特徴

1・MELTY VENUS(メルティヴィーナス)は手でつけられる

従来の除毛クリームは臭いがきつく、肌への刺激も強いのでヘラを使ってクリームをのばさなければなりませんでした。MELTY VENUS(メルティヴィーナス)は肌にやさしいので手で使えます。

指を使って塗布すればクリームの塗布も簡単に済み、時短でのムダ毛処理が可能になります。ラクに使えるのに十分な効果が得られるのが、口コミでの評価の高さにつながっています。ラベンダーの香りでキツい臭いもなくなりました。

2・テクスチャ硬めのクリームで液だれなし!

MELTY VENUS(メルティヴィーナス)は硬めのクリームなので、落ちたり液だれしたりとの心配がないのが、口コミでの評価につながっています。

従来の除毛剤と言えば乳液に近いテクスチャがゆるめのクリームかムース。緩めのクリームを使った場合は、重ねづけしたときの重みでボトっと落ちてしまいます。ムースは時間の経過とともに液体に変わり、ポトポト垂れてしまうデメリットがありました。

肌から落ちしてしまったり、水分に変化してポトポト垂れてしまったりすると、除毛剤の絡みが悪くなったり、毛に付着している時間が短くなったりして、十分に効果を発揮できません。

MELTY VENUS(メルティヴィーナス)は、しっかり肌に密着する硬めのテクスチャで除毛効果を発揮できるのが、使いやすさにもつながっています。

これまで使われてきた商品の欠点をフルカバーしたMELTY VENUS(メルティヴィーナス)は、使いやすさ・ムダ毛処理効果ともに優秀です。口コミでも絶賛する声が聞こえますね。

■ムダ毛への効果・優秀な配合成分

クリームの成分が毛穴の奥まで浸透し、ムダ毛を根元から溶かし取るMELTY VENUS(メルティヴィーナス)を使うとすべすべお肌に導きます。その理由は毛を溶かす有効成分と、肌を保湿・整肌成分の配合バランスがベストな状態だからです。

○有効成分「チオグリコール酸カルシウム」

医薬部外品に指定されているMELTY VENUS(メルティヴィーナス)には、有効成分チオグリコール酸カルシウムが配合されています。毛穴に入り込んだ有効成分が、毛を構成しているケラチンタンパクを溶かして取り除く働きがあります。

肌表面に生えているムダ毛だけでなく、毛穴の中の根元から溶かし取れるのが魅力的です。カミソリやシェーバーで残ってしまう毛穴の黒いポツポツも、MELTY VENUS(メルティヴィーナス)ならしっかり消えてキレイに仕上がります。

○何度使っても美肌キープ効果が期待できる

MELTY VENUS(メルティヴィーナス)は繰り返し使っても、肌荒れを防いでつるつる肌を維持できます。手に取って使えるほどのやさしさだから安心して使えますよ。その理由は、以下の保湿・整肌成分による美肌効果が期待できるからです。

・尿素・・肌を構成している成分。水分保持機能を持つMNF(天然保湿因子)のひとつ

・サクラ葉抽出液・・抗炎症・保湿作用。肌を保護する働きがある

いくら除毛効果に優れていても、肌荒れを引き起こしてしまうようなクリームは無意味だと言えます。MELTY VENUS(メルティヴィーナス)は美肌にも配慮しているので、つるつる肌が手に入りますよ。口コミからも喜びの声が聞こえますね。

■デリケートゾーンや顔への使用について

中には顔や、VIOラインなどデリケートゾーンにMELTY VENUS(メルティヴィーナス)を使いたい方もいるでしょう。

MELTY VENUS(メルティヴィーナス)公式では、顔や粘膜部分の使用については不可としています。

ただデリケートゾーンの中でもVラインは使用可とのこと。粘膜に付着せぬよう注意し、デリケートなパーツなので効果や様子を見ながら使用してください。

■MELTY VENUS(メルティヴィーナス)は除毛だけ?脱毛効果について

あまりにもキレイに除毛できるMELTY VENUS(メルティヴィーナス)に、脱毛効果を期待する方もいるようです。

「除毛」と「脱毛」の定義ですが、除毛が「毛を剃る」ことを指し、脱毛は「毛を抜いたり、再生を抑えたり」することを指します。

以下を見ていただいてもわかる通り、MELTY VENUS(メルティヴィーナス)の脱毛効果についてツイートをしているユーザーもいます。いずれも産毛に対する評価ですが「MELTY VENUS(メルティヴィーナス)を使っていたら、あまり生えなくなってきた」とうれしい声が聞こえます。

ただMELTY VENUS(メルティヴィーナス)の有効成分「チオグリコール酸カルシウム」は今生えているムダ毛を溶かすだけで、根絶する力は持ち合わせてはいません。よってチオグリコール酸カルシウムによる脱毛効果は考えにくいと言えます。

公式サイトには記載されていないものの、実はMELTY VENUS(メルティヴィーナス)には抑毛効果を持つダイズ由来成分が含まれています。ダイズ由来成分は、ムダ毛効果を期待する商品によく含まれていて、おだやかな働きかけが期待できるとされています。

よってMELTY VENUS(メルティヴィーナス)を使い始めてから、ダイズ由来成分の抑毛作用によってムダ毛が細くなってきた、または生えにくくなってきたとも考えられているのです。

ただあくまでも除毛クリームですので過剰な脱毛効果への期待に注意しましょう。抜群の除毛効果には大いに期待してもOKです。

■優秀なのに価格の安さが魅力

MELTY VENUS(メルティヴィーナス)を使えば、カミソリやシェーバー、ピンセットでのわずらわしい自己処理から解放されます。手軽で簡単にできるのはもちろん、毛穴の黒ずみも解消され美しく仕上がるのも魅力ですね。

クリニックやエステ脱毛のように高額を払う必要がないMELTY VENUS(メルティヴィーナス)は、続けやすい価格設定も魅力です。

1

2本セット

3本セット

通常価格

5,960

11,920

17,880

WEB価格

3,980

8,980

11,940

送料

あり

無料

無料

 

料金についてはWEBからの購入だと1本あたり2,000円くらい安くなります。

まとめ買いするほど安くなるので、まずMELTY VENUS(メルティヴィーナス)の効果を試したい方もセット買いしてみてはいかがでしょうか。MELTY VENUS(メルティヴィーナス)は、いつもの自己処理では解決できないムダ毛の悩みも一挙解消してくれるのでおすすめですよ。

-女性の悩み